アマゴの稚魚2万匹が岡山県新見市の養殖場から消える謎

アマゴ稚魚2万匹消える 謎 盗まれたか 岡山県新見市 養殖場 ニュース

岡山県新見市のアマゴ養殖場の稚魚2万匹がほぼ丸ごと姿を消した謎のニュース。

アマゴ稚魚2万匹消える 謎 盗まれたか 岡山県新見市 養殖場

岡山県新見市のアマゴ養殖場で10月初め、育てられていた稚魚約2万匹が、ほぼ丸ごと姿を消した。

現場は周囲がコンクリートで囲まれ、逃げ場のない養殖池。新見署は窃盗事件の可能性を視野に調べているが、大量の稚魚を捕獲する目的や手口は判然としてない。

稚魚たちはどこへ行ったのか。「産地復活の期待を担っていた」(地元漁協)という養殖場を舞台に、謎は深まるばかりだ。

出典:アマゴ稚魚2万匹どこへ消えた 岡山・新見の養殖場、判然としない目的 Yahoo!ニュース(山陽新聞)

10センチほどに育った稚魚がいなくなったのは5つあるうちの1つ。直径約10メートル、深さ約1メートル。壁と底はコンクリートで固め、水面には鳥から魚を守る防御糸を格子状に数十本張っていた。

出張して朝出勤するまでの「空白の約5日間」にいなくなったとみられる。

池の構造的に稚魚が逃げ出す可能性は低い。夜、トラック数台が走る音を聞いたという住民もいる。

仮に盗まれたとして何のために稚魚を?育てるにしても養殖池のような大掛かりな設備も必要だろうし、売るにしてもどこで手に入れた?というようなことにはならないのだろうか。

コメント