オバマ大統領を見送った黒猫は平和公園の主か

ニュース
スポンサーリンク

オバマ大統領の専用車の付近を歩く黒猫が話題です。

厳戒態勢の中、一匹の黒猫がてくてく歩いている。

「セキュリティ上大丈夫なのか?」という声もあるが、こちらの猫は平和公園の主なのだろうか。

https://twitter.com/shin_8316/status/736142953463218176

動画もありました。

https://twitter.com/pinkshoe223/status/736144504529391617

話題のツイートをみてると、1年前も平和公園に黒猫がいたとされる写真が上がっていた。

もしや広島平和公園の主の猫ちゃんなのではなかろうか?

広島市安佐北区で引き取り手のない犬猫の保護活動をしているNPO法人「犬猫みなしご救援隊」の中谷百里さんは、テレビに「地域猫の1匹が、たまたま通りかかったのでしょう」と話しています。

 広島市の野良猫はNPOや行政の努力で減っている。市動物管理センターに持ち込まれるネコの頭数は10年前の2000匹以上から10年で半減。「救援隊」の活動と、市が去勢・不妊手術をし、町内会がルールを決めてネコを世話する「地域猫」の活動が結果につながっている。平和公園でもこれらの活動が早くから進められており、野良猫はほとんどいないという。

日刊スポーツ

今後、広島平和公園に行った人から、あの黒猫?というツイートが上がりそうですね。

コメント