動物を助ける女性 犬猫みなしご救援隊(広島)中谷百里さん 岡山で避妊去勢手術

ペットの王国ワンだランド

テレビ「ペットの王国ワンだランド」4月24日放送

動物を助ける女性 広島にある犬猫みなしご救援隊の中谷百里さん。

「大事にする人だけが飼ったら殺処分なんてない」。

広島市の犬と猫は全て引き取る!
「広島市の殺処分をゼロにした女性」です。

 

前回の放送

殺処分ゼロ 広島市 中谷百里さん「犬猫みなしご救援隊」ペットの王国ワンだランド
テレビ「ペットの王国ワンだランド」3月6日放送。 「犬300頭と猫1000匹と生活 中谷百里さん」です。 これまで4000匹の犬と猫を保護してきた。 「4000匹くらい助けてきたと思う」と中谷百里さん。 「大事にする...

 

中谷さんがこれまで救った命は4,000匹以上。施設には、飼い主に捨てられたり、虐待を受けたり、悪徳ブリーダーから救った犬が、おそよ1,000頭と猫300匹が幸せに暮らす。

「1回不幸になった子を2回不幸にする訳にはいかん」。

 

2011年3月11日 東日本大震災が発生

震災発生2日後には福島の被災地に入り、やもえず置いていかれた犬や猫を救出活動を行いました。

この時、1,400匹の犬や猫を救うことができた中谷さん。しかし、救えなかった多くの命もありました。

食べ物や飲水がなくて失われた命、それはとても不幸なこと。

「その子たちの死を無駄にしない生き方」をしていくと、震災で救えなかった命への後悔があるといいます。

スポンサーリンク

岡山県で300匹以上の犬と猫の避妊去勢手術

なぜ中谷さんが300匹の犬と猫の避妊去勢手術を岡山県ですることになったのか。

その理由は、無計画な保護活動にありました。

「岡山に可哀想な所がある。環境を整えるなり代表の人と話をしてくれないか?」という支援者からの声だった。

無計画な保護活動で、避妊去勢手術をしなかったため300匹を超える事態に飼育が不可能になったため中谷さんに施設側から助けを求めてきた。

相談してきた施設側は「避妊去勢手術」「ワクチン」などしたいがお金がないという。中谷さんは、可哀想な環境にいる犬や猫を助けるために支援者からの支援金で広島だけでなく可哀想な子たちに使わせていただきたいという。

そこで、手術をしてもらえない子たちの手術費にあてるのがベストだと判断し、岡山へ行き救援活動をした。

フード支援という形もできるが、根本的なことは可哀想な子を増やさないこと、そのために不妊手術の方で支援活動を行っていきたいと中谷さんは言う。

※この記事はペットの王国ワンだランドからの情報を元に作成しています。

 

応援・支援、ボランティアなど詳しくはホームページを御覧ください。

犬猫みなしご救援隊
ホームページ:http://www.minashigo.jp/

ペットの王国ワンだランド
ホームページ:http://asahi.co.jp/pet/

コメント