四半的射場 座ってする四半にとことんこだわった弓道 宮崎県 そらとセレイナのふたり旅

ZIP

日本テレビ「ZIP!」12月1日放送の情報です。

今日のあおぞらキャラバン「そらとセレイナのふたり旅」は宮崎県日南市です。

番組のナレーター津野しのさん

気になるのぼりを発見!

のぼりには「四半的」と書かれています。

「よんはんてき?しはんてき?なんて読むんだろう」と、セレイナさん。

そらちゃんとセレイナさんは「四半的射場」へ。

さっそく行ってみることに。

「よんはんてきってなんですか?」と受付の方に聞くと、「”しはんまと”と読みます」と教えてもらいました。

スポンサーリンク

「四半的=しはんまと」とは?

日南市の無形文化財に指定されている。

座ってやる弓道です。的までの距離が四間半(約8.2メートル)で、弓と矢の長さが四尺半(約1.4メートル)で、的の大きさが四寸半(約13.6センチ)です。

全てが四半で、四半的といいます。

「よんはんまと」では駄目だったんですかね。

  • 四半的試射料金 10射 300円

セレイナさん一本目は、なんと的には当たらなかったけど、的のすぐ側の俵に当たりました。

10本ぜんぶが惜しいところでした。

そこで、ご主人が特別に1本サービスしてくれました。

おまけの1本かなりのプレッシャーですが、結果は?

おおー!

見事真ん中に当たりました!

セレイナさん大喜び!そらちゃんも大喜びでした。

すごい!セレイナさん持ってますね。

コメント