幻の魚【ゴマソイ】が釣れる岩手県立水産科学館で人気者に!岩手県・宮古市

幻の魚 ゴマソイ 岩手県立水産科学館で人気者に!岩手県宮古市 水族館

ゴマのような無数の斑点のあるゴマソイが宮古市の岩手県立水産科学館に持ち込まれ、元気に泳いでいるそうです!

ゴマソイは、とても珍しい魚といわれ、釣り人たちは「幻の魚」と呼んでいる。

幻の魚 ゴマソイ 岩手県立水産科学館で人気者に!岩手県宮古市

出典元:毎日新聞

ゴマソイは、大槌町の磯で7月1日、船釣りの客が釣り上げた。

スポンサーリンク

幻の魚 ゴマソイ

黒っぽい体の表面にゴマのような白い小さな斑点がいっぱいちりばめられている。

口が大きく、目もギョロリとしている。すこし怖い?

体長は40センチもあるそですよ。結構大きい魚ですね。

今や幻の魚といわれていますが、昔はけっこう釣れたそうです。

岩手県立水産科学館

岩手県立水産科学館
住所:〒0270001 岩手県宮古市日立浜町32番地28
電話番号:0193-63-5353
FAX:0193-64-4855
ホームページ:岩手県立水産科学館HP

※入館料や開館時間などの最新情報はホームページでご確認ください。

岩手県宮古市の浄土ヶ浜(じょうどがはま)にある岩手県立水産科学館(指定管理者 宮古市)は、全国初の水産専門の科学館です。

岩手のワカメ、鮭、アワビ、ウニ、ホタテの増養殖や昔と現在の漁法と漁具の紹介のほか、三陸域に生息している魚介類を巨大ジオラマと15基の水槽で展示しています。

岩手県立水産科学館の周辺の地図・場所

以上、幻の魚「ゴマソイ」についての情報でした。

コメント